リスが食べた松ぼっくりが「エビフライ」のようだと話題に

ebi
突然ですが、エビフライは好きでしょうか。そうです、あの独特のフォルムと、なんとも言えない香ばしい匂い、そして食べた際に「しゃおっ」という絶妙な歯ごたえと音、そして濃厚なエビ汁と衣の豊かなコラボレーションが奏でる味。全てにおいて美しい完成形。これは人間が生み出した究極の食文化。と思うのかもしれませんが、そうでもないかもしれません。


ーリスが食べた松ぼっくり


さてこちらは「リス」が食べた松ぼっくりのようです。え?エビフライじゃないの?と思うのかもしれませんが、リスはどうやら松ぼっくりの周囲にある松かさの部分だけを咀嚼するようで、中心の芯の部分は食べないようです。なかなかグルメな野郎ではありますが、結果的にこのようなエビフライ状になるということです。

中にはこんなに「エビフライ」ってぽいものも。


これを踏まえ、逆にエビフライを地面においたら、リスは「おっ松ぼっくりの食べたカスやん」と思うのでしょうか。是非ともリスに実験してみたいところではありますが、臭いも質感も実は別物なので瞬時に気づかれるかもしれませんね。食品サンプルならまだ分かりませんが。

人間が作り出した得体の知れない3Dケーキも話題となりました

リスのほうがよっぽど得体の知れる良作品ですね。

 (秒刊サンデー:たまちゃん