黒髪強要問題にママが大激怒!怒りのツイートが話題に!

150415002238_TP_V
中学生や高校生が、校則に違反してお洒落で髪の毛を茶髪に染め、教師からこっぴどく指導されるなんて経験をした方もいるのではないでしょうか。染めるという行為が学校教育現場での秩序に反するということでこの指導は妥当だと思います。しかしこれは本末転倒。地髪が茶色い生徒に対し黒く染めろと強要する教師が生徒側から訴えられる事態となりました。


毎日新聞の記事で以下のように説明されていました。

頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして。大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こした。

引用元 https://mainichi.jp/articles/20171027/dde/041/040/035000c

純粋な日本人でも、元々色素が薄くて肌や髪質の色素が薄い人は多くいます。
そして、国際結婚も進みハーフで生まれた子は茶髪や金髪に近い子もいます。
両親共に外国人の子供は、日本人の様な真っ黒な髪という人のほうが少ないでしょう。

これらの子供が入学してきた場合、「髪の毛を黒く染めろ」というのは髪の毛を染める行為に対して指導する事に反し本末転倒なのではないでしょうか。

地毛が茶色い子供を持ったお母さんのあるツイートに反響が集まっています。

子供の人権を守るためにも、泣き寝入りせずに声を上げ、子供の容姿に自信を持つことが子供を守るための第1歩になるのではないでしょうか。


ネットでも様々な意見が交換される昨今

NHKでは選挙の報道が一般人のコメントが正論すぎると話題となりました。

今後より、一般の方の意見が重要となってくるのかもしれません。

画像掲載元 ぱくたそ

(秒刊サンデー:マギー