パラダイス文書が「パラダイス銀河」で光GENJIに空目したと話題に

pala
パナマ文書の問題も去ることながら新たなタックスヘイブンに関する問題が発覚しております。その名前も「パラダイス文書」です。多くの資産家がこの島に資産を預け脱税を行なっていたのではないかと言う疑惑ですが、中には政治家や、日本でも有数の人気漫画家の方も居たということです。しかしこの文書、よく見ないと見間違えします。

タックスヘイブン関係の新たなる問題「パラダイス文書」。パナマ文書よりも膨大な量と言うことでは有りますが、中には漫画家の鳥山明さんも居たということです。しかしネットではその問題よりも、流れてくる文字列「パラダイス文書」が「パラダイス銀河」に脳内変換されてしまい、歌が再生されるという問題が起きているようです。

確かに「パラダイス」と聞けばあのグループの歌がまず頭に浮かぶわけですが、その次の漢字も2文字ということで、まさしくアレになるわけです。

ネットではそのような「空目」が多く発生したと話題となっております。


税金を逃れるために別の場所に退避しておく、タックスヘイブンですが、これだけの多くの資産家が利用しているという事自体、彼らにとってある意味その道では「常套手段」なのかもしれません。それが突然明るみになり、そしてその名前が「パラダイス」とは滑稽ですね。

パラダイス文書「U2」ボノ氏の名も 1340万件入手
http://digital.asahi.com/articles/ASKBV7JKHKBVUHBI03R.html?rm=440

漫画家鳥山明氏、米不動産に投資 日本人計12人、事業組合で
https://www.daily.co.jp/society/national/2017/11/06/0010708642.shtml

(秒刊サンデー:たまちゃん)