システム開発の「あるある」画像が「激しく同意」過ぎると話題に

執筆者:yukawanet

aruaru
システム開発において、最も困難なのは開発の技術的な難易度や、工数ではなく「クライアントの要求」を探ることではないでしょうか。そもそもクライアントは、どんなものが可能なのか、何をすれば良いのかは理解できるはずもなく絵に描いた餅を要求。それをそのまま提出すると「絵」じゃだめだ「実際の餅をくれ」となってしまいます。



ーシステム開発あるある

aruaru
ということで、一発でシステム開発がよく分かるこちらの図「Richard's guide to software development」です。クライアントが欲しいものは「ネコっぽい何か」。

仕様書はざっくり、見積もりは甘すぎる、テスト前とテスト後では全く形態がかわり、実装イメージは「トラっぽいなにか」ですが、結局何がほしいのかがよく分かりません。様々なバージョンアップを重ねようやく形が見えたものの、仕様書ともイメージともかけ離れた、とんでもない生物。

でも客は喜んでいるからいいか・・・。

ただこの後よくあるのが、こんなものを作って何の役に立つのか・・・と思うも、いざ使ってみると物凄い便利だったり、消費者の反応がよかったり。やっぱり客の意図は間違っていなかったということになります。

これを見た人はこの画像を思い出すのではないでしょうか。

1-xzS-UkYtNOgzPvpkHGwRbQ

システム開発はいかに客の意図をさぐるかですね、結局分からずじまいでしょうけど。

99%間違える紛らわしい問題も話題となりましたが

システム開発にもいたるところにトラップ仕掛けられ、それが発覚すれば犯人探しが始まり非常に憂鬱ですね。

営業「おなじ値段と納期で素晴らしいシステムを納品させていただきます!」

画像掲載元:sandraandwoo.com

掲載元
http://www.sandraandwoo.com/2012/11/19/0430-software-engineering-now-with-cats/

(秒刊サンデー:たまちゃん

執筆 秒刊サンデー:yukawanet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。