アポロの月面写真はやっぱりフェイク?スタッフが写り込んでいると話題に

執筆者:yukawanet

17
アポロは月に行っていないという「アポロ計画陰謀論」というものが有りますが、現時点ではあの当時たしかに月に人間は降り立ったというのが一般的な考え方で、陰謀論に関してはただの面白話として捉えるべきなのかもしれません。さてそんな中、今回話題となっているのがこちらの写真です。その陰謀論の一環ではありますが。



ー問題の写真

55
1969年7月20日、アメリカのアポロ11号計画で人類は初めて月に降り立ちました。あまりにも衝撃的でセンセーショナルなこの取組は人類の歴史のまさしく1ページを飾る画期的な出来事です。しかしそれから40年以上たった今、はたして本当に当時の技術で月面に降り立つことなどできたのでしょうか。というのが陰謀論で、様々な「捏造疑惑」が持ち上がっております。

もちろんいずれも根拠のない理由で問題をでっち上げているだけなのかもしれませんが、そのような議論がされていることは承知頂ければと思います。

ということで今回話題となっている「陰謀論」はこちら。
月面にスタッフが写り込んじゃっているというものです。宇宙服のヘルメットをよく見ると・・・

59
確かに人のようなものが歩いております。しかも影もあります。
投稿者「Streetcap1」によると、これは宇宙服も着ていない生身の人間で、この月面写真を撮影するために居たスタッフではないかということです。

確かに宇宙服に比べ、かなり軽装備ではありますが、はたしてこの人間は誰なのでしょうか。

画像掲載元:YouTube

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5095949/Apollo-moon-landing-fake-photo-excites-conspiracy-fans.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

執筆 秒刊サンデー:yukawanet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。