深すぎ!レゴの人形が読んでいる本画あまりにも「深い」と話題に

01
日本でもレゴランドなる大型テーマパークが名古屋にオープンし、一躍レゴの知名度をあげることとなりましたが、いかんせん「魔法使い」や「ネズミたちとユカイな仲間」に比べ子供向け感がいなめません。とは言え世界中の人気キャラクターでもあるので子供から大人まで楽しみたいところですが、こちらの写真が話題となっております。


reason
今回話題となっているのはこちらの写真です。あの有名なレゴのミニフィグですが、何か本を読んでいるようです。その本のタイトルは「REASONS TO LIVE」(人生を生きるための理由)です。なかなか哲学的な本を読んでいるわけですが、確かに彼ら「レゴ」のキャラクターたちにおいて生きるための理由はそれぞれなのかもしれません。

どんな建物が組み立てられ、どんな生活をしていくのか。それは組み立てる我々に委ねられるわけですが、それにそって彼らはどう生きるべきか。

非常に深くそして何かを考えさせられる本です。レゴたちのキャラクターを単なる「玩具」として考えるのは「浅はか」なのかもしれません。

しかし更に深い事実が判明しました。この本の中身が衝撃的なのです。
その衝撃的な中身がこちら。

28

深い。
深すぎる。マリワナ海溝より深すぎて一体何が「生きるための理由」なのかわからなくなるぐらいです。我々には読めない。でもきっと彼らにはその理由が書かれているのです。

その理由を叶えるため、我々は今日も今日とてレゴを組み立てるのかもしれません。

掲載元のRedditには「タイトルがフォトショップのコラじゃねえか!」という空気を読まないツッコミが入っております。

画像掲載元:Reddit
https://www.reddit.com/r/pics/comments/7gdy6f/someone_didnt_think_this_through/

(秒刊サンデー:たまちゃん