辻希美さん、子犬が亡くなるもアンチからの批判殺到!

15
辻希美さんの愛犬「クック」が出産したというおめでたい話題が飛び込んできました。しかしその朗報と同時に悲しいニュースも。どうやら、すべての子犬が生きていたわけではなく、一頭目が息を引き取ってしまったという残念な報告も。本来ならば全てのワンちゃんが元気で生まれてきてほしかったのですが、この件にネットでは様々なコメントが寄せられております。


愛犬クックが出産したのは昨日だということです。2頭の出産だったようですが、一頭目は残念ながら亡くなってしまったとのこと。人間ではなくイヌという難しい出産もあるのか、やはり一筋縄ではいかないようです。もちろん元気に生まれてきては欲しいわけですが、この朗報と訃報にネットでは様々な憶測が飛んでおります。

・生まれたばかりのイヌに雑菌だらけの手でベタベタ
・ちゃんと面倒見れるの?
・子犬が無くなってパニックになってその後、外食ランチって・・・
・育児放棄しなければいいな
・ぬいぐるみじゃないんだぞ

どうやら、辻希美さんの管理に問題があったのではないかという憶測が飛んでいるようです。もちろん管理不足という点もあるのかもしれませんが、結局何をしても突っ込まれてしまう辻希美さんにおいては、どんな対策をしたとしても炎上は免れません。特にこのようなナーバスな問題に関してはネットのアンチの声もより厳しくなりがちです。

ー悲しんでばかりいられないという状況

亡くなってしまうのは非常に悲しいことではありますが、辻さんは悲しんでもいられないと、元気を振り絞り前向きに進むことを決意されております。

昨日一晩悲しくて悲しくて色々考えて、、、でも亡くなったクックの赤ちゃんのことは悲しいけど、悲しんでばかりいても嬉しくないと思うから、その分生まれてきてくれた仔犬のことを2匹分の愛情で家族全員で大切に育てていこうって話をしました。。

やはりこの件での様々な「意見」があるものの、悲しんでもいられないという、強いハートが現在の辻さんを支えているのだと考えられます。

1匹目は残念ではありますが、2匹めは元気にすくすく成長してもらい、ブログにも登場してもらいたいものですね。

画像掲載元:Instagram / tsujinozomi_official

(秒刊サンデー:たまちゃん