大人には難しい!2頭のロバに騎手をひとりずつ乗せる問題

top
ロバと騎手が描かれている3枚のカードがあります。3枚のカードを切ったり折ったりしないで、ふたりの騎手を同時に2頭のロバに乗せてほしいのです。ひとりは乗っているけれども、もうひとりは乗っていないというのは答えではありません。3枚のカード自体は、すでに離れていますから自由に動かすことができると考えてください。



question

-問題です

3枚のカードを動かして、ふたりの騎手を同時に別々のロバに乗せてください。ただし、カードを折ったり切ったりしてはいけません。(画面上なので紙を折ったり切ったりはできませんが、印刷されたとしても同じ条件です。)
画面上でこのパズルを考えていると頭の中が混乱してしまいそうです。しかし、このパズルには、どうしても解きたいと思わせる魅力があります。試行錯誤を繰り返すと思いますが、答えが出た瞬間は、「やったー!」と思わずにはいられないでしょう。

騎手が描かれているカードを90度回転させると簡単に乗せられると考えてしまいませんか。ほとんどの人がそう考えてしまいます。

-騎手が描かれているカードを90度回転させると・・・

騎手が描かれているカードを90度回転させてロバに乗せると、ひとりは乗るのですがもうひとりは逆さになってしまいます。ふたりが同時にロバに乗っているとはいえません。

hint

どのようにするとふたりを同時にロバに乗せることができるのでしょうか。

- ヒントです

ロバの背中が向かい合うようにカードを動かしてみましょう。あとは騎手が描かれているカードをどうするかです。

hint2

騎手が描かれているカードを矢印の方向へ移動させると・・・・

-答えです

answer

ふたりの騎手は同時にロバに乗ることができました。

今回のパズルいかがでしたか。楽しんでいただけましたか。
このパズルは、「トリックドンキー」という名前で多くの人に楽しまれてきました。このパズルを考え出したのはサムロイドという名前のパズル作家です。1841年に生まれて1911年に亡くなりました。10000以上ものパズルを世に残しているそうです。皆さんがこれまでに解いたパズルの中には、サムロイドが作ったものがあるかもしれません。こんなに昔に作られているパズルですが古さを感じさせません。パズルには何か人をひきつける魅力があるような気がします。
皆さんをひきつけられるようなパズルをこれからも出題します。楽しみにお待ちください。

(秒刊サンデー:わらびもち