年収1700万!稼げるファストフードがアメリカで話題!

currency-3118767_640
年収1千万以上の職業と言うと、どのような職種を思い浮かべるだろう。金融関係、IT関係、医者や弁護士?もちろんいろいろな職業があるだろうが、飲食業で限定するとどうだろう。高級ホテルのレストラン、人気のバー、ミシュランの有名レストラン?
実は年収1700万を稼ぎ出すことができるファストフード店があるとアメリカで話題に!

―ファストフード店勤務で年収1700万円!

西海岸で人気のバーガーショップ「In-N-Out」。

なんと、ここの店長の年収が1700万円以上だという。これは同業の中でも3倍以上の給与レベル。しかも、学歴も経験も問わないというから驚きだ。

例えばアメリカで高給取りと言われているシリコンバレーで働く人でも平均1200万、カリフォルニアの建築士が1230万、弁護士が1280万円程度だ。

これでIn-N-Outの高級ぶりがわかるだろう。

専門家は「In-N-Outはとにかくすべてが優れている。給与だけでなく、福利厚生に関しても、大手バーガーチェーンの中で最も良い条件を従業員に提示している」と言っている。

もちろんいきなり1700万円もの給与を得るわけではない。

始めは時給の従業員から始まり、店長へのチャンスを得ることができるのだ。しかし、その時給もカリフォルニアの飲食店ではかなり高い時給13ドル(約1400円)から始まる。どうりで学生たちがこぞってIn-N-Outでバイトをしたがるわけだ。

福利厚生に関しても、有給休暇、医療補助など、フルタイムでもパートタイムの従業員にも支給されている。これはファストフード店では珍しい事だ。

2018年の調査では職場環境が素晴らしい企業の4位に選ばれている。これはグーグルやマイクロソフトよりも上位に位置し、しかもレストランチェーンとしては50位以内にIn-N-Outのみがランクインしている。

In-N-Outの副社長は「従業員へのこうした好待遇はずっと以前から会社の文化として根付いてる」と語った。

もちろんチャリティーではない。実際に従業員へ高給を支払うことで、生産性が上がり、離職率を低め、さらなる利益を会社にもたらしているという。

確かに他のファストフード店と違い、従業員は常にテキパキと動き、床もテーブルも気持ちよく掃除されている。

メニューは3種類のバーガー。もちろん、トッピングや隠れメニューなどがあるが、基本的にはとシンプルなメニュー表示。

徹底的に手作り、フレッシュにこだわり、高品質なバーガーをリーズナブルな価格で提供してくれる。

png

1948年、ロサンゼルスに誕生したIn-N-Out。

彼らの店舗は西海岸地域に限定されていた。と、いうのも、冷凍食品を利用せず、常にフレッシュな原材料を使うという会社のポリシーにより、離れた場所に店舗を構えていないのだ。しかしながら、この度コロラド州への進出を決めたIn-N-Out。これが東海岸への足掛かりになるだろう。

アメリカに行ったら是非立ち寄ってほしい「In-N-Out」。日本に進出する日も遠くないかもしれない。

―海外の反応

・ すごい、それならITやめてファストフード店の店長になりたい。
・ 働きたいけど、すごい人気ありそう。
・ 新しい店が開店する時がねらい目、それ以外ではなかなか採用されない!
・ 最初の時給すら高い。
・ スーパで働く俺、週に40時間働いて年収790万程度。組合にも入っているし、ましな方だと思う。
・ 2年半くらいIn-N-Outで働いていた知り合いがいるけど、そこまで稼いではなかったなぁ。まあ、そうは行っても1000万くらいは稼いでたけど。エリアマネージャーくらいになるとそれ以上は稼いでいるかも。しかも店長は他のバイトと同じ仕事をしないといけない。
・ プログラマーの俺より断然多い。
・ アメリカンドリーム!
・ 昔働いていたけど、私は辞めてよかった。みんな頑張りすぎてて怖い。私が辞めると決まってから誰も口を聞いてくれなかった。
・ いつ行っても、あそこの従業員がスゴイなぁと感動する。

掲載元https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/7s7zge/innout_employees_can_work_their_way_up_to_160000/
(秒刊サンデー:南ロココ)