2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・

56
我々が最も恐れている問題、それは今後発生するのかもしれない大きな戦争です。かつて2度の世界大戦を経験している人間にとって3回めが起こらないとは言えません。しかしそれがいつ始まるのかは誰も知らず、明日始まる可能性もゼロではないのです。とうことで、今回未来人がその始まる次期を予告しています。


ー第三次世界大戦が始まる時期は
13
さて、今回は2043年生まれの未来人による証言です。この未来人の予言ビデオを放送したのは、最近タイムトラベラー番組を頻繁にネットに流しているご存知「ApexTV」です。

今回はフィリップス氏という方が、今後起こる「第三次世界大戦」について語っております。それによりますと、我々が最も経過しているあの国、そう「北朝鮮」ですが、どうやらその国は第三次世界大戦に関係がないようです。

しかし2020年には必ず起こるということです。そしてその関係国は中国・ロシア、そしてアメリカ・イギリスという何の意外性もないような構図になるようです。

ートランプ大統領が2期目を務める

そしてフィリップス氏によるとトランプ大統領は2期当選するということです。また全然関係ないのですが、Space Xが火星にも着陸するとのことです。

第三次世界大戦をやっている最中に火星に着陸というのも何だか突拍子もない話のように聞こえますが、これがもし事実だとすれば、日本はどうなってしまうのでしょうか。

ちなみにこのテレビ局では「西暦6000年の未来人」も紹介しております。
世界大戦があろうとも、6000年までは少なくとも人間は生きているようです。

ここまで多くの「未来人」の予言が多発すると、そのうち本当に当たってしまうなんてことがありそうでは有りますが、まさしくそれが「預言」のカラクリと言えるのかもしれません。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/time-traveller-who-claims-born-12075130

   (秒刊サンデー:たまちゃん