クロちゃんに学ぶ「炎上マーケティング」方法!ブログのPVがまとめサイト並に高騰したしん!

11
何かと話題となっております安田大サーカスクロちゃん。先日は何と入院をしてしまうという事態に陥ったものの、入院中でもツイッターは欠かさないという驚くべきモチベーションを見せております。そもそもなぜそこまでツイッターを更新するのでしょうか。実は彼が目論む狙いはどうやらとあるサイトへの誘導でした。


ーネットニュースにはしっかり反応


近頃度々ネットニュースに取り上げられるクロちゃん。それをわざわざ律儀にリツイートし自身の気持ちをコメントしているというご丁寧さがウケており、各メディアもこぞってクロちゃんを取り上げるようになっているのです。その結果以下のようなルーティーンが構築されております

クロちゃんがネタ披露→閲覧者が厳しく突っ込む→クロちゃん反論→ネットニュース掲載→クロちゃん反論

ある意味マッチポンプのような行為ではあるのですが、実はこれがマッチポンプではなく、ガチでネタになってしまうこともあります。

ーツイッター社に「不適切とされる」


具体的にどの画像が、というのが不明ではあるのですがどうやら病院内で写真を投稿したものが、ツイッター社にとっては「不適切」と捉えたようです。

こんな面倒くさい作業や人生を送る意味はあるのかと思うわけですが、どうやらクロちゃんの目的はこれら「炎上マーケティング」によりここに落とし込みたいようです。

ーブログの収益UP



度々メディアに取り上げられる、炎上をする、ルーティーンでネットニュースは芸人が思わず悔しがる、やまもといちろうもビックリの「クロちゃん旋風」が巻き上げられております。

結果ブログのPVが1日50万を超える快挙。まさにまとめサイト並みです。ただ、ここからの収益が本人の懐に入るのか、それとも事務所に一回プールされるのかその辺のキャッシュフローは不明です。

この手の炎上手法はよくあるオーソドックスなもので、これといって秀でたものではないのですが、常に誹謗中傷のようなコメントが寄せられており、多少なりとも心は病みます。現にクロちゃんは入院してしまいました。

また健康食アピールをしていましたが、もし健康面での問題で入院となれば

やはり毎健康食生活は毎度のごとく「ウソ」だったのでしょうか。

何れにせよ閲覧者から「やっぱり」という呆れた声が寄せられておりますが
それをはねのける強靭な忍耐力がなければ、やはり炎上マーケティングは成功しないのです。

 (秒刊サンデー:たまちゃん