「お尻を出した子一等賞」の長年の謎が解明!?筋の通った仮説が話題に

osiri
昔、市原悦子の語りでおなじみだったアニメ「まんが日本昔ばなし」は今でも語り継がれる名作です。再び子供に見せてあげたいあの話、そして特徴的であったのは、龍に乗る子供のファンタジーなオープニング。さらにもう一つ気にしていただきたいのがエンディングである「にんげんっていいな」という楽曲です。


ーお尻を出した子一等賞とは

そんな「まんが日本昔ばなし」のエンディングに登場する楽曲は「にんげんっていいな」という曲です。当時はアニメが終わってしまうという、ちょっと寂しい気持ちを象徴する曲だったのですが、大人になればなるにつれ、意味が分からないこのフレーズ

くまのこ見ていた かくれんぼ、おしりを出したこ 一等賞、夕やけこやけで また明日

なぜ、かくれんぼで「おしり」を出した子が一等賞になってしまうのか。むしろこれは「負け」ではないのか。そんな疑問が沸いてくるはずです。

この楽曲は、山口あかり作詞で小林亜星作曲です。山口さんは存命ではないのでこの意図を知るすべはないのですがいろいろな説が出ております。

ーYAHOO知恵袋では「ポジティブな発想」

YAHOO知恵袋ではこの歌詞について「ポジティブな発想」と解釈しております。

お尻を出した子はかくれんぼで一番最初に見つかります。
なので一番→一等賞という超ポジティブ発想ではないでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=9494627

ちなみにこの曲の2番にも同じようなくだりがあります。

もぐらが見ていた うんどうかい びりっこげんきだ 一等賞 夕やけこやけで またあした

かくれんぼでも、かけっこでも、敗者が一等賞と考える。だから「負け」だから悔しがらず、一等賞だと思って頑張ろうぜという前向きな歌詞ではないかという説です。

ーもう一つの説「恥を晒すことが勝者」


もう一つの説としては、お尻を出すとか恥をかくことを恐れず勇気を振り絞って行動することが「一等賞」になる秘訣であるという意味合いがコメられているのではないかという説です。

投稿者は3億年かかったとのことですが、確かにこの謎の歌詞を導き出すには、まだまだ長い年月が必要なのかもしれません。もしかしたら、3億年どころか一生この答えが出ないのかもしれませんが、答えが出ないからと言って、不貞腐れること無くそれも「一等賞」だと思って頑張るしか無さそうですね。

以前靴下が片方だけ無くなるという謎が解明したと
話題となりましたが

長年の謎についての答えは案外シンプルなものなのかもしれません。

 (秒刊サンデー:たまちゃん

1 COMMENT

秒刊名無しさんでー

にんげっていいなになってますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。