カイジかよ!「死の鉄骨渡り」を本当にやってみた動画が話題に!

14
カイジで有名な鉄骨渡りは実際に存在するわけもなく、あくまで漫画の中の設定、もしくはそれをモチーフとしたゲームという枠組みの中で展開されるものですが、実際に存在したらどれほどまでに恐ろしいものなのでしょうか。おそらく恐怖で一歩も脚を踏み出すことすらできないはずです。ということでこちらをご覧ください。


ー90メートルの高さの鉄骨渡り
35
今回話題となっていますのは、高さ90メートル上にある鉄塔の鉄骨渡りです。漫画ではビルとビルの間でしたが、こちらは鉄塔という更に貧弱そうな建物の上を歩くわけです。相当恐ろしいに違いありません。もちろんこのまま落ちれば命は・・・と言いたいところですが彼らはパラシュートを持っております。

25
成功すれば、鉄塔の端まで行きパラシュートを開くのです。しかし、パラシュートがあるからと言って安全ではありません。

途中で足を踏み外せば、まるで木の葉のように落下し、最悪鉄塔に体を打ちつけ、残念な結果に終わります。当然パラシュートを開く余裕などあるわけもありません。

つまり彼らはこの鉄骨を渡り切る、しか無いわけです。

この無謀な挑戦を行なったのはアンドリュー・トーヤとミック・ヒルの二人、鉄骨はまるで「ゼリー」のようにプルプル震えているとのこと。

果たして無事に地上に帰還できるのでしょうか。

ちなみに、カイジではスターサイドホテルの22階でした。1階の高さがおおよそ3mだとするとスターサイドホテルの22階は70mほど。

今回の挑戦のほうが余裕で高そうです。

カイジと言えばカイジのような美女が話題となりました

実際にこのようなゲームありえそうで恐ろしいですね。

画像掲載元:YouTube

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5533935/Base-jumpers-walk-plank-death-300ft-leap.html

 (秒刊サンデー:たまちゃん

3 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

パラシュートつけてても、無理。自分の努力でどうにも、ならないものに命をかけふ気がしない…

秒刊名無しさんでー

頑張れ やれば出来る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。