北海道限定「焼きそば弁当」食べてみた!中華スープはどうやって作る?

1

北海道で人気のあるカップ焼きそばと言えば、マルちゃんの”やきそば弁当”です。人気があるだけではなく、北海道限定品なのです。焼きそば弁当には、お好みソース味、焼きとうきび風焦がし醤油味、旨塩味などいろいろな味がありますが、今回は”たらこ味バター風味”を食べてみました。北海道では、”とうもろこし”のことを”とうきび”と言います。


-ビニール包装をとると

容器を包んでいるビニール包装をとると、特製油と粉末ソースとふりかけが出てきました。それともうひとつ中華スープの素も出てきました。カップ麺についている中華スープってどんな味なのでしょう。

3

-容器にお湯を注ぎます。

容器の蓋に、「ここまで」という文字と線が書かれています。線に合わせて蓋を開けて熱湯を注ぎ3分待ちます。

2

-3分経ったら何をする?

3分経ったら、お湯を入れた方とは反対の注ぎ口を開き、お湯を捨てます。しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。お湯を全部捨ててはいけません。先ほどの中華スープの素をカップに入れておき、そこに麺を戻したお湯を適量注ぐのです。注ぎ終わったら残りのお湯は捨てて構いません。

4

-お湯を切り終わってもあせらないで・・・

お湯を切った後は、すぐにでも粉末ソースを入れたいところですが、まずは特製油をかけます。これでソースと麺がうまく混ざります。特製油を忘れると悲惨な結果が待ち受けることになります。

5

-粉末ソースをかけます

粉末ソースをかけると、たらことバターの香りがふわっとあたりに漂ってきます。完璧に食欲を刺激してきます。でも、焦ってはいけない。すぐにでも食べたい気持ちを抑えて、ソースと麺をよーく絡めます。

6

-ふりかけをかけていよいよ完成

出来上がっている中華スープを添えて、「いただきまーす。」。まずは、スープを一口飲んで、お待ちかね、焼きそばを食べました。粉末ソースをかけたときと同じように、たらことバターの味が口の中に広がりました。中華スープは、麺を戻したお湯を使っているからか、ほんのりと野菜の味も加わって、こちらもおいしかったです。焼きそばにはスープがついている方がいいですね。

7

今回は、たらこバター風味を食べてみましたが、別の味も食べてみたいものです。焼きそば弁当は、スーパーなどに行けばいつでも買えるのですが、北海道では、あの有名な”ペヤング焼きそば”を買うことができません。

売られていないのです。買えないとなると、なお一層、買いたい、食べてみたいという気持ちになります。焼きそば弁当が売られていない地域の人も同じ事を考えているのでしょうか。

(秒刊サンデー:わらびもち