羽生結弦選手の祝賀パレード終了→驚愕の事態にボランティアスタッフ感動。

IMAG6633
平昌オリンピックで2連続金メダルを獲得した男子フィギュアスケートの羽生結弦選手。2018年4月22日に地元仙台市で祝賀パレードが行われ、多くのファンが生の羽生結弦選手を一目見ようと遠方から駆けつけました。人が多く集まると気になるのがゴミ問題。10万人以上が訪れた仙台市ですが、羽生結弦ファンの秩序ある行動は思わず世界に誇りたくなってしまうほどです。


ソチオリンピック、平昌オリンピックと2連続金メダルを獲得した羽生結弦選手。
負傷した足首も気になるところですが、4月22日に行われた祝賀パレードでは元気で明るい表情を見せてくれ、ファンも歓喜する事態となりました。
まだ4月ではありますが、当日の仙台市は30度近くにまで気温が上がりましたが生の羽生結弦選手を見ようと10万人以上ものファンが駆けつけました。

この祝賀パレードは、多くのボランティアスタッフにより支えられているのですが、そのスタッフが驚愕する事態が起きたのです。

「パレード終了後、ボランティアスタッフ含め見回りをしましたが、ゴミひとつ落ちていませんでした。
マナーが素晴らしく感動しました。
またぜひ、仙台へお越しください。
ありがとうございました。」

仙台に恩返しをしたいという羽生結弦選手の気持ちをファンもしっかりと受け止め、秩序ある行動をしている事が分かりますね!

祝賀パレードと言うことで、きっとファンの意識も高かったのではないでしょうか。

「東2番町通りがこんなに綺麗なんて嬉しい」「羽生選手もきっと誇らしい」「みんなのマナーが実を結んだ」「今年の夏仙台に遊びに行きます」といったコメントが見られ、まさに2連覇の祝賀パレードにふさわしい終わり方でした!

羽生結弦選手の礼儀正しさが、ファンの方にも伝わったかのようです。

(秒刊サンデー:マギー