気をつけろ!日焼け止めがある国では「違法」になるかもしれない!

執筆者:yukawanet_2

a6a03796ec5b0a1b316d02581a391322_s
日本人が大好きなハワイ。年中無休で楽しめる楽園。でもちょっと気を抜いてビーチでお昼寝をしていたら、あっという間に日焼けして、痛い目に!という経験はないだろうか?日差しの強いハワイでは日焼け止めは必需品だ。しかしこの度、日焼け止めの種類によっては使用を禁止しようという動きがハワイで起こっているという?!

―環境を守る運動から

環境保護団体と弁護士達が集まり、ハワイのサンゴ礁を破壊している日焼け止めを禁止する法案を制定しようという動きが起こっている。

具体的にはオキシベンゾンとオクチノキサートが使われている日焼け止めの販売を禁止しようとしている。

サンゴ破壊の一番の理由は地球温暖化による海水温度の上昇なのだが、こういった、化学薬品も珊瑚白化現象の要因の一つといわれている。ハワイのサンゴ礁は白化が進んでおり、ウエストマウイサンゴ礁で約40%、オワフでは30%ものサンゴがすでに白化していると言われている。サンゴ礁だけでなく、魚やその他の海の生物も同様に日焼け止めに含まれている化学物質により汚染が広まっているという。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s
マウイを例にとって計算してみると、海に入る時に日焼け止めを塗るとして、それが海水に溶けると考えると、実に200リットル以上もの日焼け止めが、毎日海に捨てられていることになる。どの日焼け止めもサンゴ礁にいい影響は与えないが、それでも、他の化学部質よりさらに悪い影響を与えるオキシベンゾンなどをせめて禁止しようとしているのだ。

もしもこのままサンゴ礁の破壊が進んでしまうと、ハワイの最大の観光資源である海を失ってしまうことになる。自然環境のためだけではなく、ハワイの経済のためにもこの運動を続けている。

もちろん、日焼け止めを販売する会社などからは反対の意見があるが、それでもハワイ州は危険物質を使った日焼け止めの販売を禁止するアメリカで最初の州になるだろう。

しかも世界の50%のサンゴ礁はすでに破壊されていて、このままだと、約30年後には90%が消滅してしまうと主張している研究者もいる。なんとかしてこの破壊を食い止めたいハワイの人々の希望。ハワイ好きの日本人には重要な法案になるだろう。

ちなみにハワイの海底はとんでもないことになっている

―海外の反応

・ 2月に両親がハワイに行って、気をつけようとしてコストコで日焼け止めを買ったはずなのに、ホテルの人に「この日焼け止めは禁止のものです」と言われた。まずは店で売らないようにしてほしい。ハワイは素晴らしい場所だから、是非守りたい!
・ まずはコストコに知らせよう。彼らなら協力してくれるかもしれない。
・ アマゾンにはサンゴ礁に優しい日焼け止めが売っているよ。あと、島のサーフショップにも売っている。
・ ハワイもオーストラリアもどんどん状況は悪くなっている。
・ 成分をよく見ないといけない。たとえ「サンゴに優しい」と書いてあっても、ちゃんと見ないといけない!
・ 3月にハワイに行ったけど、その時はだれも気を付けてる感じはなかったなぁ。
・ そういう特別な日焼け止めって3000円くらいするからね…。
・ マウイの一部では日焼け止めすべてを禁止しているところがあるよ。物凄い美しいところ。でも、足の先から頭の先まで何かでカバーしないと日焼けして大変なことになるけど…。
・ 海に悪いものは当然肌にも悪いはず…

画像掲載元:写真AC

掲載元
https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/8de1cz/hawaii_seems_poised_to_ban_coraldamaging/

(秒刊サンデー:南ロココ

執筆 秒刊サンデー:yukawanet_2

1 Comment

秒刊名無し

砂の汚れなんかも日焼け、日焼け止め両方が起因するのあるしね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。