サクレに続きアイスボックスも販売休止!品薄商法ではと言われる

スクリーンショット 2018-08-06 21.24.13
このところの猛暑の影響は我々人間だけではなく、様々な箇所にも影響しております。例えば「蚊」も、あまりの暑さにやられて、今年は活動がおさえられており、また台風も異例のコースを進み日本に甚大な被害をもたらせております。そんな中、こちらの食品もなんと販売休止に追い込まれるという事態に発展しております。

ということで現在問題となっておりますのは、森永製菓の「アイスボックス」グレープフルーツ味、がなんと8月1日から販売休止となっているのです。アイスボックスといえば、まるで氷をバク食いしているかのような感覚でありながら、ちゃんと味わい風味も豊かな氷菓子で、体をクールダウンさせるためにも役立ちます。

そんなアイスボックスが、生産が追いつかないため休止に踏み切ったようです。
休止といえば、フタバ食品「サクレ」という氷菓子も販売休止です。


どちらも夏は定番の商品。生産が追いつかないとはいえ、これは打撃が大きいわけです。
そんな中ネットでは「氷を砕けだけだろ」「予め想定しておけや」などのツッコミや「これは品薄商法ではないのか」などと勘ぐる消費者の声も。

果たしてこれは本当に品薄商法なのか。
それとも本当になくなってしまったのだろうか。

サクレといえば先日唐揚げに見える氷菓子が話題となりましたが

今最も話題性十分の企業です。

画像掲載元:森永製菓公式HP