ファミマ「アイスコーヒーM」を買うべきでないたった一つの理由 | 秒刊SUNDAY

ファミマ「アイスコーヒーM」を買うべきでないたった一つの理由

夏もそろそろ終わりますが、とはいえやはりまだ熱い。熱いということは冷たい飲み物が飲みたくなるわけですが、そんな時はコンビニに行って冷たい飲み物を飲みます。そして店頭で目につくのはそう「アイスコーヒー」です。店内で焙煎された香ばしい香りの本格的なコーヒーは珈琲店で提供されるものと遜色ありません。しかし、そんな中この商品だけは極力避けたほうが良いかもしれません。

 

ファミマ「アイスコーヒーM」310ml 180円は避けるべき

ファミマアイスコーヒーMです。
なんで美味しいのに?と思うのかもしれませんが、今回は味わいや美味しさの件に関しては、問答無用で「美味しい」ので一旦それはさておき、得か損かで考えていきます。

ファミマアイスコーヒーの容量は、310mlの180円(税込み)となっております。店内のアイスコーナーに空箱に氷が入った状態で置いてあり、それを時前でコーヒーメーカーでコーヒーを抽出するというシステムです。

アイスコーヒーM
http://www.family.co.jp/goods/cafe/0211185.html

多少手間はかかりますが、その分プレミアム感が味わえるということです。
がしかし、この手間をかけずしかも、遥かに容量が多く、そして値段の安いコーヒーがあるのです。それはアイスコーヒーS?いえいえこちらです。

深炒りブラック930ml

深炒りブラックです。ペットボトルに入っており、冷蔵庫のドリンクコーナーではなく、生鮮食品コーナーの隅のパック型ドリンクコーナーのまた隅においてあることが多い。

で、このコーヒーですがなんと930mlもあります。実にアイスコーヒーMの3倍!。
じゃあお値段3倍か?と思うのかもしれませんが、いえいえ逆です。お値段は

150円(税込み)!

容量3倍・手間かからず・値段安いと3拍子揃ったとんでもなくお得なこのコーヒーはあまり知られることなくひっそりと店内に置かれているのです。

深炒りブラック無糖 900ML
http://www.family.co.jp/goods/drink/4210092.html
※ホームページでは900mlになっておりますが、売られているものは930mlでした。

なぜこれを買わない。
180円のアイスコーヒーMを買うならばこちらを購入したほうがオトクなのです。

でも味わいが不安。

180円のアイスコーヒーは当然味わいにこだわっております。ファミリーマートによりますと、グアテマラ、ブラジル、コロンビア、タンザニア、4産地のブレンドで、深い香りとコクを実現。異なる特徴をいかし、さらなるおいしさを引き出す、ファミマならではのこだわりがあるということです。

対して、ペットボトルの150円のコーヒーは「ブラジル・ベトナム」産のコーヒー豆を2温度帯抽出。香料を使用せず、豆本来の豊かな香りを引き出しました。

とのこと。

この意味の違いがわからない。
そんな方は、なおさら180円のアイスコーヒーMを購入するのはもったいない!

グアテマラ、コロンビア、タンザニアにこだわりたい、店内で抽出したい、カップを手に持って意識高い系をしたい!という方はどうぞアイスコーヒーMをご賞味ください。

マクドナルドでも絶対に頼んではいけないものも話題になりましたが

いや、見た目じゃない。容量だ。中身だ。100円のアイスコーヒーSじゃ物足りない!何度も買いに行くのが面倒だ!という方はぜひとも

深炒りブラック930mlおすすめです。