秋葉原で2,000円台で泊まれる格安ホテル「グリッズ」に泊まってきた | 秒刊SUNDAY

秋葉原で2,000円台で泊まれる格安ホテル「グリッズ」に泊まってきた

東京のホテルといえば、安くても10,000円弱ぐらいはかかるわけですが、東京は広い。そして深い。ということで探せば安いホテルがあります。でもそういう安いホテルってアクセスが不便だったり、めちゃくちゃ汚いということも有るんでしょう?という印象が多いわけですが、今回のホテルグリッズはその辺を払拭したオススメホテルです。

最安値は2,080円!

さて今回は秋葉原ということで、割と相場も高く「カプセルホテル」でも大体4,000円〜5,000円いたします。前回宿泊しましたカプセルホテル「ファーストキャビン」は4,500円でした。それが最安値で2,080円というとんでもない価格。そんなホテルが本当に存在するのでしょうか。

【格安】秋葉原4500円で泊まれるカプセルホテル「ファーストキャビン」が最高によかった件

ホテルはドミトリー

さてホテルと言っても様々でありまして、今回泊まるのがドミトリーです。その種類やサービスによって様々なものがあり当然価格帯が異なってきます。ざっとよくあるタイプを紹介すると以下のようなホテルがあります。

・一般的なホテル、旅館
・ビジネスホテル
・カプセルホテル
・ドミトリー・ゲストハウス
・民泊

ドミトリーは民宿の一種で、基本的に相部屋の2段ベッドが置かれており、素泊まり。ゲストハウスなどとも呼ばれ、外国人旅行者が長期滞在に利用したりするものです。なので基本的に安く、2,000円〜3,000円が相場になっております。

なので、他の客とすれ違う、音が気になる、等の場合はドミトリーやカプセルホテルはおすすめしない。逆に全く気にならない、むしろ他の客と交流したい、国際文化を堪能したいという方はむしろオススメ。

ただ、外国人客の中にも「全く交流したくないぜ」な一匹狼的な旅行客も居るので、全ての客がそういう意図で居るとは限らない点はご留意いただきたいわけです。

チェックイン&部屋に

チェックインは1階で、フロントのようなものではなくまるでカフェのレジのような感覚で済ませるのが一般的です。事前に予約をしておくとスムーズに入れます。

ここでも外国人旅行者が多く、アジア系、ヨーロッパ系、アメリカ系とかなりインターナショナルな雰囲気を醸し出します。

部屋は相部屋&2段ベッド

部屋は、といいますか部屋はなく2段ベッドで多くの人と一緒に寝る。一人では心細いと言うかたにはうってつけ。外国人旅行者が多いからか、この部屋からは異様で異国情緒あふれる匂いで充満しております。

更に、長期滞在をする方が衣類などを干しており、生乾きの匂い+異国の匂いでなかなか味のあるミステリアスな空間となっておりますが2,080円の金額からすれば全く問題なし。

しかし今回はこの2段ベッドではなく、あえて個室をチョイス!
当然金額は上がりますが、それでも5,000円弱。一般的なホテルの半額です。

個室

個室はロッカー+ベッドの簡易的なエリア。ただしカーテンなどで完全に仕切られているので、プライベート感はあります。

テーブルが無いので、PCなどの作業ができないのが難点ではありますが、ベッドの上で膝にPCをおいて作業をすることは可能。

コンセントはなんと4口もありますので、スマホ、PC、タブレッドなど充電が必要な現代人にはありがたいわけです。

ちなみに風呂はなく、シャワーは無料で使えます。
タオルは100円で貸し出しており、部屋着などのナイトウェアもレンタルできます。

歯ブラシ50円、カミソリ100円、耳栓100円、スキンケアセット200円、ヘアブラシ50円、マスク50円、ナイトウェア(レンタル)200円、バスタオル(レンタル)100円、フェイスタオル(レンタル)100円

逆に言えばそれらアメニティは一切なく、本当に泊まるだけという形です。

ですので基本的に1階の共有スペースで作業をしながら、別途料金でビールなどの酒を飲んだりすることもできます。

基本、おとなしくそれぞれ独自のスタイルで泊まればいいのですが、フレンドリーな方はなしかけてきたりしますので、外国人とのコミニュケーションが好きな方は、良いのかもしれません。

湘南にも「亀時間」というドミトリーがありましたが、そんなスローな時間を秋葉原で味わえる、そんなドミトリーでございますので、是非ともご活用ください。

3,500円で昭和レトロな宿に泊まれる「亀時間」に行ってきた

ホテルグリッズ秋葉原
https://www.grids-hostel.com/hostels/akihabara/jp/