りゅうちぇる、世間の「タトゥ差別」に反論!家族を守る!


元読者モデルで、タレントのりゅうちぇるさんが、ご自身の子供の名前に「リンク」という名前をつけたことが波紋を呼んでおりましたが、更にご自身の体にタトゥを入れたことを告白しました。このタトゥはつまである「ぺこ」と、息子の「リンク」の名前が刻まれていることでタトゥが本物であることを明かしているのです。世の中はタトゥに関して冷ややかな意見も多く、今後更なる物議を醸しそうです。

ご自身のタトゥに関して。

さて今回のタトゥを公開したことである程度批判を浴びることは予測していたというりゅうちぇる。ただ、ここまで偏見されるとは思わなかったと、驚きを隠せないのと同時に、このような偏見をなくしていきたいという意思表示を行っております。

タトゥは、日本では割と冷ややかな意見が多く、特に温泉などでは禁止されているケースも多い。しかしそれを承知のうえで、りゅうちぇるは次のように説明。

こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。 結婚して、子供がいつかできたら、 家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。 その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました。 ぼくたちは、日本の温泉や、プールには行かないとおもいます。 その理由は名前を刻んだということとは関係ありません。 (中略)自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。

この意見にはやはり「偏見を持って当然」という意見が多いようです。

中には共感したという声も。

https://twitter.com/Mizu_2626/status/1031898917942652928

現時点ではすべての人がりゅうちぇるに賛同することは難しいようです。もちろん将来的には、日本人の世論が変わるのかもしれません。

今後りゅうちぇるには相当な茨の道が待っていそうですが、変わる日がくるのでしょうか。
Googleの検索でもなかなかシュールな状況となっている彼。

この世論を変えるほどの力があれば彼は本物の改革者なのかもしれません。